神様だってよそ見する

アイドルって凄いなあと思いつつぼんやり生きてる奴のブログです

担当への愛は燃え易く語り難し

私はジャニーズWESTが好きなのだが、長らく「担当」というものを決めていなかった。否、決められずにいた。
しかしこの間、マイPさんが行ったこちらのアンケートに答えるに当たり、悩みに悩んで担当を決めた。


ではその担当は誰なのか。
神山君かって?違う。
じゃあ中間君?それも違う。
悩みに悩んで私が担当に選んだのは、重岡君だった。

「神山じゃないのかよ!」というツッコミが聞こえてきそうである。そりゃそうだ。
実際このブログでも、神山君に対する愛を気持ち悪いぐらいに吐き出した記事は複数あれど、重岡君だけをフィーチャーした記事は1つしかない。
更にツイッターでも神ちゃん淳太君桐山君フィーバー、重岡君に触れることはまずない。

自分で重岡担を名乗ったにも関わらず、こんな呟きをしてしまうあたりお察しである。

だが、間違いなく私は重岡君のことが好きなのだ。神山君に匹敵し、そして凌駕する程度には。
というわけで、今までひた隠しにしてきた重岡大毅への愛を今更述べてみる。

  1. 顔/表情が好き
    いきなりこれかと、顔ファン撲滅同盟の方には罵られそうである。だが、アイドルを応援するにあたって絶対に外せないポイントであることは間違いない。
    そして、重岡大毅を象徴する表情と言えば「笑顔」である。
    最早スマイル=重岡という公式が成り立っていると言っても過言ではないだろう。もちろん、私も彼の笑顔が大好きだ。あの笑顔は、見ている側まで楽しい気分にさせてくれる。一発めぇぇぇぇぇぇぇ!のDVDに収録された、ええじゃないかの「もう一回!」のオトボケ顔からの満面の笑みなんて、こっちを色々な意味で殺しに掛かってるとしか思えない程の破壊力を持っていた。
    だがしかし、私が推したいのは真顔であったり、険しい表情を作った重岡なのだ。
    真顔になると、いつもの笑顔や、はしゃいだ言動に隠されている端正な顔が露わになる*1
    それを目の当たりにすると「あれ?こいつこんなにかっこよかった……?」という、"いつもはふざけてばかりの仲の良い男友達がふと見せた真面目な表情に唐突なときめきを覚えてしまう"という、少女漫画でありがちなシチュエーションを擬似的に体験できるのだ。
    特に悲しそうな顔をすると「お前は捨てられた犬か?」と言いたくなる。拾うぞ?

  2. 発言がいちいちゲスい
    いくら少女漫画のシチュエーションを疑似体験できたとしても、この毒っ気がなければ重岡大毅のことをここまで好きになることはなかっただろう。
    可愛い笑顔(時に邪悪な笑顔)から発されるゲス発言は本当に素晴らしい。
    特に"ゲス岡"で検索すると最上位に表示される、ゲス岡語録は私のツボの宝庫である。中間君に向けられる「クソババア」「ムカつくでしょ!こういうヤツなんすよ」*2は個人的に堪らない。

  3. 時に感じる闇の深さ
    常に笑顔であればあるほど闇が深そう、という私の勝手な持論である。
    Kis-My-Ft2でいえば宮田君的な。
    例えば少クラのBreak Out!、突如ニタニタと笑いながら歌っていた重岡氏。どう考えても闇属性である。
    項目2でも窺えるだろうが、私は割と闇属性の人間が好きだ。その闇*3が時折露わになる瞬間、私は堪らなく重岡君に引き込まれる。

  4. 実はクソ真面目な所
    隠し~きれない クソ真面目~♪*4
    彼はいつもふざけてばかりに見えるが、実は猛烈に努力家だ。
    その一面に関しては、写真集やら雑誌インタビューで、他のメンバーからよく言及されている。
    空き時間を見つけては英語のリスニングをしたり、役作りに入り過ぎてプライベートでも標準語を使うようになってしまったり。
    最早行き過ぎたストイック、求道者か何かなのかと思うレベルである。
    時にその姿勢に息苦しさを感じるときもあるが*5、やはりその生きざまは気高く、ひどく美しい。

  5. なんてったってアイドル
    彼は常にアイドルだ。どんなときでも、アイドルという枠から外れない。
    華々しい世界にいる人間なのだから、浮いた話のひとつやふたつあったっておかしくないのに、不思議なことにそれを匂わせない。
    ジャニーズWESTの中で、私が特に好ましいと思っている3名は*6、不思議とこの項目に当てはまる。
    どうやら私は、アイドルにアイドルであることを強く求めるようだ。

  6. その他特筆すべき事項
    意外にも引き締まった身体
    敢えて言うなら変な声
    えくぼを作ろうとするときの顔が抜群に可愛い
    中間君をいじくり倒す時のゲス感、プライスレス
    寝不足のパイナップル
    ザコに見える!
    (穴掘り三等兵に対し)ヘタクソ!!
    無慈悲にぶたどんまんを押し倒す
    熱くてきくらげ一切れしか食べられない
    氷上で盛大にこけてカメラマンにツッコむ
    最早氷上を滑って移動する
    何とも言えない一般人感
    ソラちゃん可愛いねぇ
    愛情皆無のアスファルト大根農家
    死んだ目で大根に水をあげる
    落ちたら、痛いですよ……
    普通に10万貰って買い物しに来た兄ちゃん
    貰った10万早く口座に入れたい
    オシャレな照明を見て「うわおっ!!」「うわっ!!」
    ルームフレグランスを嗅ぎまくって注意される
    卒アルのランキングが全て微妙なラインでどこか残念
    おかんが「ひゅう~!」
    Tシャツをちょちょいのちょいで畳む
    ウキウキでHOT LIMITを歌う
    地獄だぜ!
    SHARK2での安井君への何とも言えない仕打ち*7
    ピザ食べたいぃ!
    大久保さんの頬からクリーム取って普通に水で流す
    人参は、下に生える!
    紫耀君を有名な皮膚科に連れて行ってあげる


書き連ねたらこんな感じになった。
本当はもっと愛を語りたいところであるが、私の文章力がその愛に追い付けず、全く筆が進まなくなったので、とりあえずこの辺で終わりにしておく。
しかし重岡君って本当、いいものですね。

 

*1:いつもは端正でない、という意味ではございません

*2:この発言は「買い物の達人」でのものなので、ゲス岡語録に載っていないが

*3:本当に闇を持っているかどうかはこの際度外視して

*4:天城越え

*5:もっと力抜いてもええじゃないか的な

*6:重岡、神山、中間

*7:ジミヘンすり替えがある意味最も残酷だと思う