読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

神様だってよそ見する

アイドルって凄いなあと思いつつぼんやり生きてる奴のブログです

里帰り

お盆が過ぎた。
私の実家にも、親戚が帰省してきていた。
それにしても、帰省してくる人の中にジャニーズがいないのは大変嘆かわしい限り。
いるわけない?知ってる。

という訳で、ジャニーズタレントたちが我が実家に里帰りしてきたらどうなるのか、全力で妄想してみた。
設定としては、私の実家は本家で、お盆になるとお墓参りの為に親戚が集まってくる。
選出されたジャニーズアイドルたちは、里帰りを待つ側(実家もしくは近くの市町村に住んでいる)と、里帰りしてくる側(東京に住んでいる)に別れている。
また、タレント活動してたら里帰りなんて夢のまた夢なので、それぞれ別の仕事をしている。
私は実家を出て、近くの県庁所在地に住んでいるため、待つ側に該当する。



  • 里帰り待ち側

    • 宮田俊哉:会社員
      就職先が実家に大変近かったので、実家に住んでいる。
      部屋はマンガやDVDやアニメグッズ、アニメDVDで埋め尽くされており、実家では踏み入るもののいない聖域と化している。
      が、お盆や正月となると親戚の若人たちに蹂躙される。不憫。
      私は帰ってくると、彼の買った漫画をとりあえず全て読み、深夜は二人でアニメを見ながら仕事の愚痴を語り合うのが習慣になっている。


    • 重岡大毅:大学生
      実家から少々離れた県庁所在地に一人暮らし
      暇を見計らっては実家にやってきて、ご飯を食べたり宮田にちょっかいだしたりしている。
      みやっちのことは全く年上と認識しておらず、むしろいたずらし甲斐がある面白い人だと思っている。
      私とは家がそこそこ近いので、よく夕飯を食べさせたり、レトロなゲームをして遊んだりしている。また彼からは早く最新ゲームハードを買えと催促されているが、華麗なるスルースキルを発揮して無視。




  • 里帰りしてくる側

    • 横尾渉:シェフ見習い
      上京して飲食店で修業中。
      皆から色々な意味で最も恐れられるお兄さん。
      かつてのジャックナイフっぷり故、みやっちや私からは若干距離を取られている。またキレるタイミングが全く読めない故に、重岡君のイタズラターゲットからも外れている。
      酒を飲むと途端に陽気になり、重岡・神山・私にウザがらみをしてくる。
      話題は大概「恋人は出来たのか?」から始まる。出来たと言ってしまうと最後、あんなことやそんなことまで根掘り葉掘り聞かれてしまう。
      この攻撃にさらされるのは大概神山君。
      実家に滞在中は、美味しい料理をこれでもかと振る舞ってくれるので、全員若干太ってしまう。


    • 中間淳太:会社員
      東京の実家住み。お父さんが会社の社長をしているので、その関連企業で下積みをしている。
      大変理知的で優しいので、オジサマから若者まで人気が高い。特に重岡はお盆・正月中は中間君をウザがらみのメインターゲットにしてしまうので、みやっちはしばし平穏な時間を過ごせると、勝手に有難がっている。
      また、ちびっこたちは彼がくれるポチ袋を大変に期待している。
      私とは若干距離感があるが、傍にいると何だかんだで話す。


    • 神山智洋:ダンス教室講師
      大阪のダンス教室で先生をしている。
      可愛らしい笑顔で年上の女性に大人気のおばさまキラー。
      また、ちびっこは彼に遊んでほしくて堪らないご様子で、帰るとまず親戚・近所の子供たちにせがまれて公園に遊びに行く好青年。
      その奇抜なファッション故に、帰省するとすぐに近所に広まっている。
      重岡とは非常に仲が良く、帰ってくる度にサシで飲みに行っている。
      私とは普通の友達程度の距離感。



とりあえず設定は以上。
ここで若干力尽きた感があるので、一旦おしまいにしておく。