読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

神様だってよそ見する

アイドルって凄いなあと思いつつぼんやり生きてる奴のブログです

もしもあなたが悪役ならば  北山宏光編

私は悪役が好きだ。
正義のヒーローを足蹴にしていく男前が好きだ。
元は正義のヒーローだったのに、訳合って仲間を傷付けなければならない男前も好きだ。
そして正義のヒーロー達の愛と友情パワーによって倒されていくのもいい。
そりゃ悪が正義を駆逐していく様が一番いいけれど。

私が好きになったイケメンたちは、私の脳内で一度ぐらいは悪役を演じている。
仕方なくそうなったのか、自ら望んで悪に堕ちたのか、それとも元々悪の心を持った人物だったのか。

という訳で、いつも通り私の脳内をひけらかしたいと思う。
私の好きなジャニーズは、どのような悪役に変貌するのか。
若干昔投稿したエントリと被るところはあるが、勘弁してほしい。

今回悪役としてエントリーしているのは

の以上6名である。ちなみに今日は北山さんのみを取り上げる。
この6人が悪いことするなんて嫌!と思う方はブラウザバックを推奨する。













北山宏光→仕方なく闇堕ち

北山氏は刑事で、捜査一課特殊捜査係*1の係長とか、そんな役職についていて欲しい。そして、他のKis-My-Ft2メンバーは自分の部下。

彼は熱い男である。悪いことをしたいだなんて、夢にも思わないタイプだろう。むしろヒーロー願望の方が大きいはず。

しかし何かを人質に取られる、捜査係が解散に追い込まれるような情報を握られる、などの要因で闇堕ちする。
個人的には藤ヶ谷スキャンダルに敏感になる北山さんを希望したいけど。
スキャンダルって言っても無論恋愛ものじゃなくて、もっとこう生い立ちに関係しそうなやつ。


堕ちる過程は以下の通り。

北山係長は追いかけている犯罪組織の幹部に捕まる。絶体絶命。
その際幹部から、助かりたければ捜査情報を横流しするように言われる。
無論北山はその依頼を突っぱね「殺すならさっさと殺せ。自分が死んでも他の奴が必ずお前らを追いつめる」と幹部に噛み付く。
しかし

「断ってもいいんだけどさあ、そういやお前の母さんって○○に住んでたっけなあ……あと藤ヶ谷って○○だったよなあ……写真があったと思うんだけど」

と囁かれ、母親と藤ヶ谷を守るために捜査状況を横流しすることに。
徐々に捜査状況の横流しだけでなく、有力な情報を得た人間を粛清する役割まで任されてしまうようになってしまう。

自分が警察にいては捜査が回らない、一生組織を捕まえられないと感じた北山は、藤ヶ谷に係長の座を引き継ぎ、警察を辞する。そして忠誠を誓う振りをして組織に入る。
組織の人間に対しては「自分が辞めてもチームの人間から情報は引き出せるから、警察の中にいる必要はない。むしろ警察にいると自由に動けないから、辞めた方がいい」と言って説得した。

殺人に手を染めながら、二階堂や宮田から情報を得つつ、本当に重要なことは組織に流さずにいた。
また、自分が犯行を行った際は、ちょっとずつ証拠や組織に繋がるヒントを残すようにして、特殊捜査係が組織に近付けるようにしていた。

数ヶ月後、とうとう特殊捜査係が組織の尻尾を掴み、警察が組織のアジトに乗り込んできた。
そして特殊捜査係の前に現れる北山。
北山が組織の人間であることを悟って、二階堂と千賀は逆上。
そんな二人を藤ヶ谷が制し、横尾に全員で先へ行くように指示をする。

5人が去ったのを見届けてから、北山に拳銃を向ける。
「大人しく投降しろ」
「それは出来ない」
その言葉に、藤ヶ谷が北山の足元に威嚇射撃を行う。埃が舞った。
「次はない。大人しく投降しろ」
そして北山と藤ヶ谷が同時に発砲する。発砲の瞬間、北山はぐっと目を閉じていた。
微動だにしない二人。
北山はゆっくりと目を開き、自分の身体を確認する。傷はどこにもない。
藤ヶ谷の表情を見て、全てを悟る。
「言ったろ、次はないって。お前の考えてることぐらい分かんだよ、馬鹿」
ふわりと笑ってみせる藤ヶ谷。互いに空砲だったのだ。
あまりに屈託ない笑顔に、思わず北山も笑った。

その時、鋭い発砲音が響き、北山の腹を弾丸が貫いた。倒れる北山に駆け寄ると、力を無くした体を引きずり、共に物陰に隠れる。
藤ヶ谷が周囲を確認すると、頭上の回廊を逃げていく人影が見えた。
北山は最後の力を振り絞って、藤ヶ谷に組織の情報が入ったUSBメモリを託すと、意識を失った。
言葉なくUSBを握り締める藤ヶ谷。
他の隊員に北山を任せると、藤ヶ谷はアジトの最深部へ駆けていった。


以上。北山さんの悪役物語でした。
何をどう考えても、北山さんに関しては根っから悪役は思い浮かばなかった。
そして全力藤北推し。

ちなみに北山さんは死んでない。
病院のベッドの上で組織壊滅の報告を聞いて泣き崩れて欲しいと思う。


明日はみやっちの悪役をつらつら妄想します。


*1:名前は適当