神様だってよそ見する

アイドルって凄いなあと思いつつぼんやり生きてる奴のブログです

一緒に夕涼みしたいジャニーズ5選

毎日毎日たまらん暑さですね。私がスライムならもう溶けてます。
さて、そんな暑い日にしたいことといえば、やっぱり夕涼みですよね!
違う?
着る水着もない、別に人ごみに飛び込みたくもないから花火大会もパス、そんな私としては最高の夏シチュエーションですよ。

ともかく暑い夏の夕暮れ、一緒に過ごしたいジャニーズを5名選出した。ついでに妄想毎のテーマソングも勝手に選出。ジャニーズ曲はあえて除外しているのであしからず。

純和風家屋の縁側、高く伸びた朝顔を横目に、夜の訪れを共に迎える彼は一体誰でしょうか。
いつもと同じ顔触れなのは気にしないで行きましょう。



  1. 宮田俊哉
    暑苦しさにダメージを受けてる時、一緒に過ごしたいのはやっぱり癒し系。
    豚の蚊遣器を横に置いて、風鈴の音色を聴きながら一緒にスイカ食べたい。

    みやっちはアニメのTシャツ着て、下は短パンのジャージ。足元は普通のサンダルでお願いします!雰囲気とか考えないみやっちが好き。
    「俺今年初スイカだわ!」
    とかってニコニコしてるみやっち天使。それで色々お話するんですよ。この間のイベント超燃えたとか、超暑かったけど楽しかったよとか、今はあのアニメが良いとか、みやっちのお話を夜が更けるまでずっと聞いていたい。聞かせてくれ!

    話に疲れてきたら縁側に寝っころがって、暗い天井を二人で眺めながら「今度はここで花火しようね」って話すんですよ。やったぜ青春!

    そして”今度の花火”の時には、バッチリ浴衣着て来てくれるのがみやっちクオリティ。
    ニヤニヤしながら玄関で顔だけ出してこっち見てる。何で隠れてんだ、早くおいでよって言うと、ぱーんとドアを開けて着物御開帳。
    「今日はおめかししてきましたぞ!」
    もう普通に好きになる。間違いない。
    こんな素敵な夏の思い出は「スピッツ」の「涙がキラリ☆」をBGMに。

    f:id:threearrowheads:20150728084639j:plain




  2. 神山智洋
    癒し系再度。夏は癒しに限る。まあ本音を言うと春夏秋冬癒されたいですけど。
    神山君は間違いなく浴衣です。高い美意識が遺憾なく発揮されております。
    それで浴衣着てない私を見て
    「俺だけ気合入ってるみたいやん!」
    もう速攻買ってくるよ浴衣。明日買ってくるわ。だから今回は許して。

    神山君とは花火を見ますよ。ちょっと遠くでやってて、縁側から丁度見えるっていう絶好のロケーション。
    二人でたまやーとか言いながら、顔の形に開く花火を見て笑ったりするんですよ。
    でも花火見てるふりして、可愛いウチワをパタパタ、足をブラブラ、顔ニコニコさせてる神山君を全力で窃視する。眼福ですマジありがとうございます。
    こそこそ神山君を窺ってたら、うっかり視線がぶつかって
    「俺やなくて花火見ろや!」
    って怒られたい。はあ可愛い。

    花火が終わって煙が去った頃、夏の大三角形を見つけます。
    そして「NICO Touches the Walls」の「夏の大三角形」を熱唱します。私が。
    だって目の前にヴィーナスがいたんだもの。
    で、「恥ずかしいからやめろや」って笑ってほしい。

    f:id:threearrowheads:20150728084652j:plain




  3. 中間淳太
    夏もじゅんじゅんにきゅんきゅん。そういうことだよ皆さん。
    虫嫌いなお淳太様の為に、豚の蚊遣りのセットを忘れずに。
    お淳太様は神山君と同じく浴衣です。この日の為に買っておいた扇子をプレゼントして、まんざらでもない顔をさせたい。
    「結構……お前にしてはええ趣味しとるやん。お前にしてはな!」

    中間君とは星を眺めようかな!
    二人で星座盤を覗きこんで、あれが白鳥座!あっちが琴座!って言い合いたい。
    で、乱視強めで星を見失う私が「どれ!どれがそれなの!?」って言って困らせたい。
    「お前ろくに星見れてへんやんけ!眼鏡買い換えてこい!」

    最終的に庭に降りて、北極星を二人で見上げて、ふと目が合って何かよく分かんないけど笑い合いたい。
    「なーに見とんねん。アホ」
    お前のくりくりお目々だよ!バカ!

    ちなみに来週は一緒に眼鏡買いに行くことになって、また軽く一悶着巻き起こるのですが、それはまた別のお話。
    そんなお淳太様との思い出は、「秦基博」の「トレモロ降る夜」でお送りします。

    f:id:threearrowheads:20150728084709j:plain




  4. 横尾渉
    ジャニーズで最も水着が似合わない男(私調べ)、横尾渉
    しかし奴は、ジャニーズで最も浴衣が似合う男(私調べ)。
    無論浴衣を着てもらいます。何ならこの夕涼みの前に一緒に買いに行こう。そうしよう。

    横尾さんとは是非お酒を飲みながらお喋りしたい。
    別に料理は作ってもらわなくていいかな。適当なお惣菜買ってきて、プラスアルファで枝豆茹でただけ。横尾さんには良く料理作ってもらってるので、今日ぐらいは手抜きで。但し枝豆は高級だだちゃ豆。素材にはこだわる。

    私はジンのボトルとトニックウォーターを買い込んで、縁側で適当に混ぜて飲む。横尾さんは手酌でビール希望。
    横尾さんが飲むときは、喉を凝視させて頂きます。細くて筋張った首すじ美しい。
    最初こそ真面目に近況とか最近のニュースについて話してるんだけど、まず私が速攻ベロベロに酔っ払って、呆れた顔で水とか差しだされる。
    「すまんよこーしゃん……私はもうダメら。ンヒャヒャヒャヒャ」
    「何言ってんだ、早く水飲め」

    しかし横尾さんも時間経つ毎にへべれけになって、
    「なんらよー、おまえよっぱらってんにゃあ」
    「よこーしゃんもだいぶやばいっすよぉ」
    みたいな舌足らず会話を延々と繰り広げたい。無意味だけどそれがいい。
    酔っ払ってる時の無意味トークってどうしてあんなに楽しいんだろうか。

    終いにゃ何故か切ない思い出話に花を咲かせ、酔っ払い二人組は肩を組み「the FIELD OF VIEW」の「渇いた叫び」を号泣しながら熱唱します。横尾さんがこの曲を知っているかは分かりかねますけどね!

    f:id:threearrowheads:20150728084722j:plain




  5. 重岡大毅
    ラストはぐいぐい来てる重岡君。
    重岡君の笑顔見てるだけで日が暮れるんですけどどうしたらいいですかね?

    彼はきっと半袖Tシャツに短パンでふらっと現れるはず。
    「いやーあっついわぁー」とか言いながら、手で顔扇いでます。
    で、しれっとアイスのバラエティパックを差し入れしてくれる。さすがCM出てただけあるな。
    では溶けちゃう前にアイスを品定めします。先に選んでいいと言われたので、私が黙ってチョコミントとラムレーズンをチョイスすると……
    「何かめっちゃ普通やん!せっかく色々買ってきたのに」
    うるさいシゲ。好きなんだよ。
    私のベストチョイスにぶつくさ文句を言いながら、重岡君はピンクのヤツばっかり選びます。トリプルストロベリー with 愛のポーションという女子力満漢全席コンビネーション。要は自分のおすすめ総取り。
    「ほらカワエエやろー。欲しい言うてもあげへんでー」
    そのアイスはお前が持ってるから可愛いんだよ……!

    とりあえず残りのアイスを冷蔵庫に入れて、縁側で食べながら涼みます。ついでに足元に水張った桶とか置いておいて、二人それぞれ足突っ込む。
    アイス食べつつ駄弁るんですが、やっぱり私は重岡君の横顔を凝視。それに気付いた重岡氏は
    「やっぱり食べたいんやろ」
    とニヤニヤ笑いながらハートのチョコレートの所を差し出してくる。
    違うよ!とテンパりながら拒絶するとぐいぐい来ます。
    「あげる言うてんねんから素直に食べたらええんやで!」
    といって口に無理矢理押し込まれます。口回りべったべたです。重岡この野郎。と思って睨むと、満面の笑顔で
    「美味いやろー?」
    はあ……もういいよ……許すよ全部。可愛いから。ハイ、オイシカッタデス……。

    アイス食べ終わったら、足元の桶の水を蹴り飛ばしあって遊ぶ。海行ってないのに超青春。
    「服濡れたやんけ!やめろやー!」
    「シゲから先にやってきたんだろ!」
    とかって全力でぎゃあぎゃあ喚き合いたい。
    そして突如現れた中間君に「うるさい!何時やと思とんねん、近所迷惑や!!」って二人して怒られる。何で来たのかは神のみぞ知る。
    ちなみに残りのアイスは全部中間財閥に徴収されましたとさ。めでたしめでたし。
    「結構美味いやんこれ」「俺らで食べるはずやったんやけど」

    そんな馬鹿二人+中間君の夏には「DA PUMP」の「Rhapsody in Blue」を捧げる。

    f:id:threearrowheads:20150728084741j:plain




以上。あー楽しかった。マジでこんな夏過ごしたい。