読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

神様だってよそ見する

アイドルって凄いなあと思いつつぼんやり生きてる奴のブログです

Kis-My-Ft2とジャニーズWESTを比べてみた

私はKis-My-Ft2のファンだが、最近はジャニーズWESTが私の中で来ている。
どちらも7人組ということもあり、ちょっと比較してみた。
とはいえ知識不足もあり、大したことは書けないので、比較対象は隊形と歌唱力の二つのみ、あとは個人的な総評となっている。



Kis-My-Ft2

  • 隊形→3フロント4バック
    デビュー当時からいわゆる「格差」があり、常にフロント3人が目立つ。
    何ならバック4人は本当にバックダンサーなんじゃないかと思われるような扱いで、4人のファンは相当辛酸を舐めた模様。
    しかし色々あって、バック4人は舞祭組として活躍することになった。今ではメインを食う勢い。

  • 歌唱力→△
    藤北が主。玉森のソロパートがたまに入る。舞祭組4人はコーラスに終始する。
    歌の上手さの格差も激しいので、そもそもソロパートを任せられないレベルの人が……。
    シングル曲はエイベックスサウンド+ネタっぽい曲、もしくは切なげなバラード。でもネタが強すぎてバラードの印象が薄い……個人的にだけど。
    「フォエーヴァー!」より「キスマイキスウマァィ」のイメージ。

  • 総評
    売れるためなら泥も啜ってきたタイプ。
    仕方がない、何故なら背格好似たり寄ったりの青年7人なんて、普通一遍には覚えられない。だったら、一番売り込みやすい3人を入り口にしてファンを取り込もうとするのはある意味当たり前。
    かつ格差を露骨にすればするほど、バック4人に対し判官贔屓な気持ちが掻き立てられたのも良かったのかもしれない。
    加えて「ブサイク」呼ばわりされたことを逆手に取って冠番組やってみたり、そこから派生で舞祭組を誕生させたり。
    但しやり過ぎの感が否めず、ファンは常に右往左往。古参と呼ばれるファンはかなり少なくなったんじゃなかろうか……。
    とはいえ、結果として格差を利用し大成功を収めたのがキスマイ。



ジャニーズWEST

  • 隊形→横並び?
    キスマイと同じく7人だが、あまり露骨な格差がないイメージ。
    歌番組なんか見てると、バックダンサー感があるメンバーはいない。
    「7人一緒に売れたい」という気持ちがすごく強いっぽい。それが売り出し方にも反映されてるのかな。
    横並びの弊害故に、一般の知名度はあまり高くないと思われる。でも桐山君のファーストインパクト半端ねえ。
    しかしその分、ファンは余計なことに神経使わなくてよさそう。

  • 歌唱力→○
    中間+桐山がメインになっているみたいだが、シングル曲でもそれぞれにソロパートが割り振られている。というか歌えないメンバーがいないというのは率直に羨ましい。
    ……かといってシングル曲で横尾ソロが飛び出しても「どうした!?」としか思わないけれど。舞祭組だけで頼む。どうしてもというなら上手くなってからにしてくれ。
    曲はいわゆる関西色全面推し。明るい。あと同一フレーズを繰り返してるイメージ「ずんずんどっこーずんずんどっこー」とか「えーじゃないかーえーじゃないかー」みたいな。刷り込み狙い?

  • 総評
    関ジャニ∞に続けるか否かといったところだが、まだデビューして数年なのでなんとも言えない。
    和気あいあい感が強く、揉めたりなんだりは今の所見たことないので、いつでもアイドルらしくて安心。
    弱点としてはホームグラウンドが関西なので、関西から離れる毎に露出が低下してしまうのが難。特に私が住んでいる地域まで来ると、悲しくなるほどジャニーズWESTに遭遇する機会がない。
    これが逆に強みにもなるとは思うが。地方に根差したタレントって、その地方での人気と知名度半端じゃないもんなあ。
    正直バラエティ適性だったらキスマイに勝るもの*1を感じるので、何かきっかけがあれば爆発的に売れるんじゃなかろうか。
    とりあえず早くドヨルの妄想族を全国ネットに乗せてくれ!頼む!



という訳で、個人的にキスマイとジャニーズWESTを比較した考察でした。
知ってる分、キスマイに厳しめなのは仕様です。



*1:簡単に言うと話術とかイジリ方とか……