読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

神様だってよそ見する

アイドルって凄いなあと思いつつぼんやり生きてる奴のブログです

好きな顔のカテゴリと、新たなる挑戦者

私の中の「好きな顔」には二種類ある。

カテゴリ1の条件は

  1. 一重~奥二重で切れ長の目
  2. 面長で無い
  3. 真顔になると怖い
  4. だが笑うと可愛い

の4つ。

カテゴリ2の条件は

  1. 目が二重
  2. 唇が厚め
  3. 柔和な顔立ち

の3つ。

私が現実世界で好きになる人は、ことごとくカテゴリ1だ。
一目で好きになることは無く、むしろ初対面の印象が悪いことが多いのだが*1、何故か常に気になってしまうタイプ。接触が増えるごとに好感度が上がり、恋心を抱くようになる。

そしてカテゴリ2は友人とか、単純な憧れを持つ人に多いタイプ。
こちらはカテゴリ1と違い、最初から好感度が高い。「おっ、イケメンだ!」と食いついて、良く目の保養にする。だが恋に発展することはない。

つまり
カテゴリ1→恋人枠
カテゴリ2→友人枠
ということになる。


これは、好きなジャニーズにも現れている。
カテゴリ1→横尾
カテゴリ2→中間、伊野尾、中島
という内訳。

この4人の共通点が見つからんと喚き、結局「色気がある」という落としどころを見つけたのだが、そもそもカテゴリが違ったのだから共通点がないのは当たり前である。

threearrowheads.hatenablog.com

 

 

threearrowheads.hatenablog.com



このカテゴリの存在に気が付いたのは、カテゴリ1に当てはまる新しい人物を見つけてしまったからだ。

その人物こそが、ジャニーズWEST神山智洋君である。

まだ横尾さん程の境地には辿り着いていないが、今の所良く目で追ってしまっている。非常にマズい。このままでは彼が「好きなジャニーズ」の中に入ってしまうのは時間の問題である。
私はどのくらいの期間、神山君の魅力に抗えるのか。
もし神山君の記事を書いたら、それはもう陥落のお知らせになるだろう。



*1:絶対友達になれそうにないとか、怖そうとか