読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

神様だってよそ見する

アイドルって凄いなあと思いつつぼんやり生きてる奴のブログです

ジャニーズ事務所 最強グループを結成せよ!

テニスの王子様 最強チームを結成せよ!」というゲームがある。

テニスの王子様に登場するキャラクターたちを4~5人集めて、好きなチームを作ることが出来るゲームだ。最終的に開かれる「関東ジュニアオープン」という大会で優勝するのが目標となっている。
このゲームは、学校の枠を超えた、まさにドリームチームを作成することが出来るというのがウリだ。好きなキャラだけを集めてもいいし、弱いキャラを育成し、強いキャラを撃破するという楽しみ方も出来る。
このゲーム、今となってはプレミアが付いており、元の値段より高く取引されるほどの人気を誇っている。


話は変わるが、この間放送されたTHE MUSIC DAYのジャニーズメドレーを見ただろうか。
このメドレー、番組に出演しているジャニーズグループのメンバーがシャッフルされて、この日限りの組み合わせで往年の名曲を披露するもの。
例えば、私の中でTHE王子様の異名を取る、堂本光一と山田涼介が一緒に「Venus」を歌っていたりした。これぞまさに夢の組み合わせ。ドリームグループだ。
まるで、前述のゲームのようじゃないか。

こんな機会が、もっと増えたらいいのに。贅沢をいうなら、派閥関係なしのドリームグループが見たい。

何ならもう、「ジャニーズ事務所 最強グループを結成せよ!」というゲームを作ってくれたらいいのに。そしたらこっちで好きなグループ組むから。

というわけで、「テニスの王子様 最強チームを結成せよ!」のシステムを流用して、テニスの王子様ジャニーズ事務所に挿げ替えたらどうなるのか。ちょっと考えてみたいと思う。



登場人物


デビュー組全員+ジャニーズJrの一部。
さすがにJr全員は無理だろうが、ダウンロードコンテンツで配信してもいいかもしれない。


ストーリー


ジャニーズアイドルたちの力を更に高めるため、世代・派閥・デビュー組とJrの垣根を超えたグループを作る。
3ヶ月後、結成されたグループ全てを集めてのスペシャルコンサートが開かれ、そのコンサートで観客の支持を最も得たチームが優勝となる。


システム


基本的に育成ゲーム+リズムゲームを組み合わせたもの。
育成パートではまずメンバーを勧誘して、自由にチームを作る。並行してダンスや歌、パフォーマンスの特訓をし、メンバーのパラメータを上げていく。パラメータが上がれば、リズムゲームのクリアが楽になったり、高得点が出せるようになる。
対決パートではリズムゲームが始まる。個人的にはダンレボやリフレクビート的なものがいいと思う。だがリフレクはタッチパネルじゃないと駄目なので却下かな……。

キャラのパラメータは

  • 歌唱力:得点に影響。
  • ダンス:得点に影響。
  • パフォーマンス:得点に影響。
  • 体力:高ければ高いほど、体力ゲージが長くなる。ゲージは時間経過、もしくはミスで減っていく。ゲージが無くなってもゲームは続行されるが、得点がほとんど伸びなくなり、ミスしたときは得点が減らされる。
  • 精神力:ミスしたときに減らされるゲージ量が減る。
  • 友情度:得点、発生するイベントなどに影響。あまりにも低いと最悪グループから抜けてしまう。

こんな感じでどうだろう。
それ以外にキャラそれぞれにアビリティがあり、特訓・対決パート時に様々な効果を発揮する。但しマイナスアビリティもあり。


ゲームの流れ


まず、このゲームはリーダー・グループ名を決めるところから始まる。
リーダーがメンバーの勧誘から特訓まで、グループの全てに責任を負うことになる。
グループは、リーダー含め最少2人、最大10人。ソロではスペシャルコンサートに参加できないので、3か月後になっても独りぼっちだった場合、その時点でゲームオーバーとなる。
勧誘が成功するかどうかは、リーダーのパラメータや、勧誘したいキャラとの友情度で決まる。
リーダーと仲が悪い人、プライドが高い人・先輩を勧誘するときは、友情度やパラメータが低いと断られる可能性が高くなる。但しめげずに何度も勧誘すれば、根負けしてグループに入ってくれる。
その逆として、リーダーと仲がいい人が自分から「グループに入れて!」と売り込みにくることもある。
多分横尾さんリーダーにすると、すぐ藤ヶ谷さんがやってくるはず。

また、キャラクターそれぞれに固有のリーダースキルが設定されており、このスキルを使うことで、リズムゲームを優位に進めることが出来る。
例えば横尾さんなら手作り料理で体力回復、みやっちならオタゲー踊って得点率上昇とか。
あと嵐の二宮くんは、相手と自分のスコアを逆転させる技を使えばいいんじゃないかと思う*1


育成パートでは、様々な特訓メニューをこなすことでパラメータが伸びる。
特訓はオートで進み、チームメンバーたちがじゃれ合っている様を見ることが出来る。また、特訓中に「飲み物買ってこなきゃ」「帰りに飯を食べに行く」「メンバーが特訓に遅刻」「メンバーが怪我」「他のグループの人が偵察に来る」などのイベントが起きることもある。

また、特訓の無い日にはメンバーみんなで遊びに行くことも出来るし、特定のメンバーと特別練習を行うことも出来る。

スペシャルコンサート前でも、他のグループから喧嘩を売られることがあり、自動的に対決パートが始まる。勝つとチームのパラメータや友情度が上がる。逆に負けるとパラメータと友情度が下がる。
また、ライバルチームが出来ることもある。ライバルチームはゲーム中良く絡んでくるようになり、コンサートでは特別なセリフを聞くことが出来るようになる。

三ヶ月の特訓を経て、コンサートが終わるとエンディング。
優勝出来た場合はトゥルーエンディング、優勝出来なかった場合はノーマルエンディングとなる。
エンディング時にはメンバーそれぞれから労いの言葉を掛けられる。無論トゥルーとノーマルではセリフが違う。
また、トゥルーエンディング後は、最も友情度が高いメンバーとの後日談が描かれるようになっている。


ミニゲーム


ボウリング、釣り、ジャニーズクイズゲーム等のミニゲームを搭載(予定)。
ゲーム本編でプレイすれば、ミニゲームモードで自由にプレイできるようになる。





ゲームの設定は以上。
ここからは私が組みたいグループを発表していく。
勝手にキャッチコピーも付けた。ダサいのは仕様なので気にしないでほしい。


グループ名:ホロ四天王
キャッチコピー:個性なら誰にも負けません!
横尾渉(リーダー)、中間淳太、伊野尾慧、中島健人
完全な私の趣味グループ。
実質横尾さんじゃなくて中間君がグループをまとめてる予感。
横尾さんは母のように甲斐甲斐しく、そして休日の父さんのようにしていればいい。
伊野尾君はすみっこでのほほんとしてたらいい。
中島君は「山田君のチームには負けない!」って闘志燃やしてたらいい。
そして頭を抱える中間淳太……。


グループ名:プリンスクインテット
キャッチコピー:煌めく王子たちの五重奏
東山紀之(リーダー)、堂本光一滝沢秀明、山田涼介、中島健人
眩しくて直視不能。
清く正しく美しい、完全無欠のスーパーアイドルグループがここに誕生。
多分このチーム出されたら誰も勝てない。
三ヶ月後のコンサートで出てきたら、トゥルーエンディングをスッパリ諦めよう。


グループ名:エアリアルスターズ
キャッチコピー:軽業師たちの饗宴
五関晃一(リーダー)、塚田遼一、戸塚祥太二階堂高嗣、濱田崇裕、神山智洋
A.B.C-Zを3名投入した、アクロバット特化型グループ。結果として歌唱力が高い水準でまとまっているのも面白い。
本当は河合君も入れたかったが、入れたらただの「A.B.C with 〇〇」になってしまいそうなのでやめた。申し訳ない。


ここまで色々考えてたけど、絶対このゲーム面白いと思う。
是非早急に発売していただきたい。


*1:実際ゲームにもそういう技があり、数々のプレイヤーを泣かせたり救ったりしてきた