神様だってよそ見する

アイドルって凄いなあと思いつつぼんやり生きてる奴のブログです

箱庭の住人

今更のように、傷に触れてみる。

キスマイファンがきっと震えたであろう、藤ヶ谷さんのスキャンダル。
私は藤ヶ谷推しではないためか、然程衝撃を受けなかったので、普通にキスブサやらキスマイゲームなんかを見ていた。
ただ不思議なことに、嫌悪感はあった。
ショックではないのだが、何となく藤ヶ谷さんを直視することは避けた。

ショック受けてんじゃねえか、と思われるかもしれないが、至って心は平静だ。
だからこそ、何がこんなに不愉快なのか、良く分からなかった。
いくら取り繕っても、美男美女がひしめく芸能界だ。アイドルが恋愛していないだなんて思わない。
しかし、実際そういうスキャンダルに出くわすと、さめてしまうのが分かる。

ここでふと気付く。

私は、彼らの言動を自分の中で繋ぎ合わせて、きっとこんな人なんだろうな、と想像する。
そう、私が知っている彼らは、現実の彼らではない。つぎはぎだらけのフランケンシュタインだ。物語と違って美しくはあるけれど。
そして自分が作った箱庭の中で、彼らを人形のように配置し、動かす。
私にとって不都合がないように彼らは動き、私を喜ばせてくれる。笑わせてくれる。

しかし、恋人がいると分かってしまえば、楽しい人形遊びも終わる。
私の創った物語と人形に、異物が混入する。
物語は破綻し、人形は継ぎ目がほつれて崩れていく。
箱庭の住人としての役割を果たせなくなる。

私は、自分の箱庭が壊されるのが嫌なのだ。
だから、破壊の原因となった人を避けようとしている。

恋愛をするなとは言わない。
ただ、秘密にして欲しい。
どうか、出来る限りでいい、箱庭の住人でいて欲しい。
夢を見続けさせてくれるあなたが好きなんだから。